FC2ブログ

KISS&HUG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告

形勢逆転。

07.23.2013
昨日は朝から夜までグルグルうじうじしていたんですが、今朝は決意も新たに「絶対お金を返す!」という
意気込みで、駅に向かいました。

向かったんですが・・・駅のホームを見渡しても、おじさんの姿が確認出来ず。
今日はいつもと微妙に時間帯が違うから、もう現れないのかもしれない、と勝手に判断してみました。

予定ではホームで封筒を突きつけるつもりだったのに、いざいないとなると・・・
なんとなく、電車に猛ダッシュ。いつもの車両の、違うドアに飛び乗りました。
電車のベルが鳴り、おじさんとは今日は会わないで終わりかな?と思っていたんですが、必死に走ってくる姿を発見。やはり、どこかからチェックされていたようです★

でも。
昨日はあんなに重い気分だったのに。昨日の朝までは、おじさんの姿を確認しただけで屈辱感や惨めな気持ちでいっぱいだったのに・・。
今日は「絶対カタを付ける!」と宣言していたせいか(笑)おじさんを見ても何とも思いませんでした。
むしろ、「何としてでも意思表示はして、お金も返す!!」という思いで、反撃の楽しささえ湧いてきてしまいましたw


おじさんは・・・電車に飛び乗ったので、ドアのすぐそばに立っていました。私の間には二人ほど立っています。

さあどうするんだろう??


チラッと人の頭越しに様子をうかがうと、こちらに来ようとしてそわそわしているのが一目で分かりました。きっと次の駅で人の出入りのタイミングでこちらに来ようと企んでいるはず・・・。

次の駅についてドアが開いた瞬間、私は電車の真ん中から優先席側の通路へ大急ぎで移動しました。
出入りする人ごみのせいで、おじさんはすぐには来れず、背中越しに人をかき分けて、斜め後ろに立つ気配を感じました。

さて、どうするか?

ところで昨日、主と話をしていた時に、明日の服装についての話がありました。
「いっその事、恰好から拒否をアピールする意味で、Gパンとか履いて来れば?」
・・・うちの会社、ジーンズ禁止です(^^;)そして、私はズボンを持っていません・・・。
痴漢の為に?ズボンを物色するという、相反する状況になってしまいw
結局今日は、がっちりガードルで防御するという事になりました。

斜め後ろに立ったおじさんは、お尻を指で触っているようでしたが・・ガードルのおかげで、さほど指の感触が伝わってきませんでした(笑)おじさんもきっと、お尻が固いと感じたのでしょうか、途中で触るのを止めていました。


乗換駅の一つ手前で、三人掛け優先席の端っこが空いたので、すかさず座りました。
態勢を整え、きっと近くにおじさんは立っていると想定しながら、次の駅で降りるタイミングで封筒を渡せるように待機しました。


いざ電車が到着して立ち上がると、おじさんはずいぶん遠くに立っているのが分かりました。ドアのすぐ横にいて、駅に降りていくのが見えたので、急いで追いかけました。一度見失い、探していると・・ホームを足早に歩いていくのが見えました。
大急ぎで追いかけ、封筒を渡しながら「もう、近寄らないでください!」と言う予定でした。
なのに、追いかけながら封筒を突きつけても立ち止ろうとせず。思わずおじさんの右腕を掴んで「もう、ちかよら・・」まで言ったところで手を振り払われ、今来た道をUターンして猛ダッシュしていきました。
「ちょっと!!」と私もUターンして追いかけたのですが、人ごみをすり抜けていくので追いつけず。
「近寄らないで」って言ってるほうが追いかけてるよ・・と数秒間の間に考えたらおかしくなってきて、苦笑いしながら追いかけました。
結局おじさんは、先ほど乗ってきた電車に飛び乗り、逃げて行ってしまいました。

封筒を持ったまま、乗換駅で佇み。
私としては単純に、とにかくお金を返したかったので必死に追いかけたのですが・・。
おじさんはきっと、痴漢として捕まえられるという事で必死に逃げたんだと、誤解なのにな・・と、ようやく後になって理解しました(笑)

お金は返せずじまいなので、しばらくは持ち歩いていつでも返せるようにしようと思いますが・・明日以降、万が一逆襲とかされるんじゃないかと、ちょっと心配だったりして(^^;)


ひとまずは痴漢騒動、終了いたしました。
人が絡んでくる行為は、やはり慎重にしないと何が起こるかわからないという・・今回はいい勉強になりました。
一人でいじって気持ち良くなるのが、一番安全だわ・・なぁんて(//ω//)☆





スポンサーサイト
[PR]

[PR]


posted at 21:26 | 痴漢 | TB(0) | CM(0)

この記事に対するコメント:


この記事に対するコメントの投稿
















トラックバック

プロフィール

ライラック

Author:ライラック
自らの性癖をひた隠しに生きてきましたが、ご主人様に出逢ってようやく本来の自分を晒していけるようになりました。

未熟者の奴隷ですが、手探りながらご主人様にお仕えしていきます。






※当ブログは性的描写・SM描写が多く含まれます。
未成年者・不快に思われる方の閲覧はご遠慮下さいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
13611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
1535位
アクセスランキングを見る>>

最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター

現在の訪問者様

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。