FC2ブログ

KISS&HUG

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

posted at --:-- | スポンサー広告
思った以上に話がまとまらず( ̄▽ ̄;)


結局...更に翌日、電車に乗ろうとしたらわんこの先にあのおじさんが 割り込んで乗ろうとしていました。
触っても抵抗されないと気付かれたみたいでした。じゃなければ、乗り込むときにそんな堂々と姿は見せないはずで。
そしてこの日は、ここ数日見ていた服装とは微妙に違っていました。
バッグもいつもの肩掛け短めではなくて、布製のPCが入りそうな手提げバッグ。両手で前に下げていたので『今日は触らないのかな?』と思ったくらいで。どこか雰囲気が違いました。


と、思っていたのもつかの間で、またしばらくしたらこちらに横向きに立ち、右手を当ててきたんです。
早くも息が荒い...(^-^;
この日は、途中からわんこの右側にサラリーマンがぐいぐい押してきたので、おじさんは定位置を確保出来ない感じになり、ちょっと焦ってるようでした。

こういう場面では圧倒的におじさんが不利なので...普通なら、触りづらそうになったらそのままこちらは逃げるという手段をとるはずなのに、わんこは...少しだけおじさんに協力してあげることにしました。

おじさんの手が届くように、こちらから密着してあげたんです。


再びおじさんの手の感触が割れ目に当たりました。一瞬びくっとなってしまい、恥ずかしかったです(;´д`)
そして、また更に大胆になってきたおじさんは、わんこのスカートをゆっくりたくしあげようとしていました。
直で触られたらきっと確実に濡れてるのがバレてしまうので、おじさんの指先に意識を集中させて様子をうかがいました。
ちょうどその時次の停車駅に着いたので、パッとスカートから手を離していました。

おじさんは、確かわんこの乗り換え駅の一つ前で降りるはずだったのに、この日は降りませんでした。
私も...次の駅で降りるのをやめ、おじさんがどうするのか、見届けようと思いました。

ずっと割れ目に指を当てられ、回りの人に押されて更にくっついて。
そのかすかな刺激が....屈辱的に気持ち良かったです。


乗り換え予定の駅を過ぎると、電車内はだいぶ空きはじめます。
いよいよおじさんも何も出来ないと諦めたみたいで、次の駅で降りていきました。


早速主に報告をしなくてはと、電車のドア横に寄っ掛かりながらスマホを使い始めた時、ふと前方に...先ほど電車を降りたはずのおじさんの姿がありました★

ちょっとしたパニックになりながらも、素知らぬふりをしてスマホに視線を向けました。
時々チラッと見ると、おじさんはつり革に捕まっていたりイスにすわっていたり...落ち着かない感じでしたが、こちらとは結構な距離をとっていたので、声をかけられるとかは無さそうだと、少し安心しました。

会社のある駅の一つ前の駅で、おじさんは隣の車両に移っていきました。
でも、わんこが電車を降りる寸前にチラリと見たら、おじさんは隣の車両のガラスドア越しにこちらを見ていました。


電車を降りても後ろは振り向けず、足早に地上に出ました。
日傘を差そうと思い自分のバッグを開くと...見覚えのない、オレンジ色の花柄封筒が入っていました。

えっ???と、思いながら中を見てみると...一万円札が入っていましたorz

やられた!と、愕然としました(-_-;)
これは....最初思ったのは、この先の行為へのお誘い?お駄賃?
または、今まで触っていた事への口止め料?
いずれにしてもく予想外の展開に、ただただ困惑してしまいました★

とにかくお金は受け取れないので、返さなくてはならず...こちらから接触しなくてはならないという面倒な状況になり。いよいよ明日の月曜日に何とかしなくてはいけないという状態です...。


主に相談したのですが、「しばらくは様子見で触られ→行為がエスカレートしてきたらその場でお金を突き返して完全拒否する」という案を出されました。
その引き際が・・・わんこに果たして見極めが出来るのか?んんん・・・。

非常に困ったことになりました(^^;)




困った状況ではありますが、痴漢された後の下着は







滲み出てます。(※タンポン挿入しているので、白い糸が)


愛液をすくって舐めました。










長々と書いてしまいましたが、そういうわけで「決戦は月曜日」
・・・明日の朝どうなるのか全く予測不能ですが、頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


posted at 22:32 | 携帯から投稿 | TB(0) | CM(4)

この記事に対するコメント:

ビックリ
いやはやビックリです。
お金返却は難しくてもやらなくちゃね。

[2013/07/22 08:09] URL | kenken #Q.zvybpY [ 編集 ]


見させてもらいました。
その辺りの官能小説よりスリルが伝わって来ましたよ。

見極めも難しいですが、でもエスカレートする前には主さんの通り言わないとですね。。

向こうも捕まったらどうなるかも、わかってると思うし。


けれど、中年のおじさんが羨ましいですよ。(苦笑)触らせてあげる女性が居るんですもの(>_<)

[2013/07/22 18:49] URL | ポポ #- [ 編集 ]

kenkenさんへ♪
訪問、ありがとうございます(^-^)

ですよね、私もそういう発想は全くなくて★
今朝、ひとまず対処しましたよ(^-^;
[2013/07/23 12:16] URL | ライラック #- [ 編集 ]

ポポさんへ♪
訪問、ありがとうございます(^-^)

長々と書いてしまって、読むの大変じゃなかったでしょうか?w
また更新した時に書きますが、普通に痴漢される時と心構えが違ったから、余計おかしな事になってしまったんだと思います★

お変態女子、探せばいくらでもいると思いますが...巡り会えるといいですよね(笑)
[2013/07/23 12:21] URL | ライラック #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿
















トラックバック

プロフィール

ライラック

Author:ライラック
自らの性癖をひた隠しに生きてきましたが、ご主人様に出逢ってようやく本来の自分を晒していけるようになりました。

未熟者の奴隷ですが、手探りながらご主人様にお仕えしていきます。






※当ブログは性的描写・SM描写が多く含まれます。
未成年者・不快に思われる方の閲覧はご遠慮下さいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
13611位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
1535位
アクセスランキングを見る>>

最新コメント
RSSリンクの表示
カウンター

現在の訪問者様

現在の閲覧者数:

リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。